3人の間違っている人物を探せ!

3人の間違っている人物を探せ! GET FLASH PLAYER

10代の飲酒は「脳萎縮」「内臓に障害」につながりやすい。 この「未成人病」、深刻なモンダイなんです。

1.父の甘い誘いは、シビアに断るべし。

お前もそろそろビールくらい飲めるだろう。 お父さん、未成年者飲酒禁止法違反で罰せられるよ。
× 飲ませる大人が罪に問われます。
未成年者飲酒禁止法では「未成年者の飲酒を知って制止しなかった親権者や監督代行者に対して、科料を科す」(3条2項)と設定されています。
罰則について

2.おじさんの誘いは、さらりとかわすべし。

すっかり大きくなって。まぁまぁ、ちょっと一杯。 僕の葬式に出席したくないでしょ、おじさん。
× 未成年の飲酒は命に関わります。
未成年の飲酒は大変危険です。健康面への危険性だけでなく急性アルコール中毒により、死に至ることも。お酒を勧められたら「自分に合った」方法で飲酒を断りましょう。あらかじめ断り方を考えておき、毅然たる態度で断ることが大切です。
ほかにもこんな断り方が!

3.こわい先輩の依頼は、ボケで逃げるべし。

そこの新入りクン!酒買ってきてよ。 先輩、活きのいいのが売ってました!
× 洒落にならないほど怖い、未成年の飲酒。
飲酒経験のない未成年者は、自分がお酒に対して強いのか弱いのか分かりません。
飲酒をしてしまったことによって、非常に深刻な状況に陥る場合があります。
万が一、友人やあなた自身が飲酒をしてしまったら、次のことを心がけましょう。
もし、飲酒をしてしまったら・・・

「軽い気持ち」で飲むと、こんなに危険!

1.脳の発達に影響

1.脳の発達に影響

10代から飲酒を続けてしまうと、20代で脳の萎縮が始まってしまう恐れがあります。

もっと読む

2.急性アルコール中毒の危険性

2.急性アルコール中毒の危険性

アルコールには麻酔作用があり、飲酒経験のない未成年者は、一度に多量に飲むと急性アルコール中毒に陥ることが多いです。

もっと読む

3.成長障害・性腺機能障害

3.成長障害・性腺機能障害

男性はインポテンツ、女性は生理不順・無月経になる場合があります。

もっと読む

4.内臓への負担

4.内臓への負担

肝臓や膵臓などの臓器障害にも陥りやすく、さらにアルコール依存症にもなりやすくなります。

もっと読む

STOP! 未成年者飲酒(詳しくはこちら)